タグ:建築 ( 5 ) タグの人気記事

江戸東京たてもの園 商店街エリア②

e0248566_2252879.jpg


小寺醤油店
大正期から、現在の港区白金で営業していたとか…。
庇の下の腕木とその上の桁が特徴の〈出桁造り(だしげたづくり)〉がこの建物のみどころです。
[港区白金五丁目/1933年(昭和8)]

e0248566_22524296.jpg


e0248566_22531326.jpg


e0248566_22533256.jpg


e0248566_22534463.jpg


e0248566_22554061.jpg


e0248566_2302524.jpg


大和屋本店(乾物屋)
この9月に新たに加わった建物の1つ目。
港区白金台に1928年(昭和3)に建てられた木造3階建ての商店です。
3階の軒下を伝統的な〈出桁造り〉にする一方、間口に対して背が非常に高く
看板建築のようなプロポーションを持ったユニークな建物です。
戦前の乾物屋の様子を再現しています。
小寺醤油店同様に、つい数年前まで営業していたお店だそうですよ。
[港区白金台4丁目/1928年(昭和3)]

e0248566_230444.jpg


e0248566_2385657.jpg


鍵屋(居酒屋)
台東区下谷の言問通りにあった居酒屋です。
震災・戦災をまぬがれた鍵屋は、1856年(安政3)に建てられたと伝えられています。
建物と店内は1970年(昭和45)頃の姿に復元しています。
[台東区下谷二丁目/1856年(安政3)]

e0248566_2391672.jpg


e0248566_2393674.jpg


e0248566_23135964.jpg


次回は、『千と千尋の神隠し』のモデルになった銭湯と新たに増えた建物のもう一つをご紹介です。

[PR]
by BRISK_LIFE | 2011-10-08 22:47 | BUILDING

江戸東京たてもの園 商店エリア

e0248566_19462731.jpg


今度のエリアは、昔の商家・銭湯・居酒屋が立ち並び、下町の風情を楽しむことができます。

e0248566_19452854.jpg


e0248566_19455658.jpg


e0248566_19493386.jpg


村上精華堂
台東区池之端の不忍通りに面して建っていた小間物屋(化粧品屋)です。
昭和前期には、化粧用のクリーム・椿油や香水等を作って、卸売りや小売りを行っていました。
正面は人造石洗い出しで、イオニア式の柱を持ち、当時としてはとてもモダンな造りとなっています。
[台東区池之端二丁目/1928年(昭和3)]

e0248566_19474397.jpg


e0248566_19495826.jpg


e0248566_19514844.jpg


e0248566_19522025.jpg


丸二商店(荒物屋)
昭和初期に建てられた荒物屋です。小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴です。
店内は昭和10年代の様子を再現しています。
裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。
[千代田区神田神保町三丁目/昭和初期]

e0248566_19501379.jpg


e0248566_19511697.jpg


e0248566_1949230.jpg


花市生花店
昭和初期に建てられた〈看板建築〉の花屋です。
建物の前面は花屋らしくデザインされています。
店内は昭和30年代の花屋を再現しています。
[千代田区神田淡路町一丁目/1927年(昭和2)]


e0248566_19531410.jpg


e0248566_19542322.jpg


武居三省堂(文具店)
明治初期に創業した文具店です。
当初は書道用品の卸をしていましたが、後に小売店に変わりました。
建物は震災後に建てられた〈看板建築〉で前面がタイル貼りになっていて屋根の形にも特徴があります。
[千代田区神田須田町一丁目/1927年(昭和2)]

e0248566_19533943.jpg


e0248566_1954193.jpg


e0248566_19555078.jpg


次回は、遂に新しく出来た建物が紹介出来る…かな?

[PR]
by BRISK_LIFE | 2011-10-07 20:44 | BUILDING

江戸東京たてもの園 三井八郎右衞門邸

e0248566_20532860.jpg



e0248566_20535485.jpg



e0248566_20542457.jpg



e0248566_21101069.jpg



e0248566_21103876.jpg



e0248566_2111328.jpg



e0248566_21112419.jpg



e0248566_21114362.jpg



e0248566_21123695.jpg



e0248566_21131838.jpg



e0248566_2115793.jpg



e0248566_21135472.jpg



e0248566_21149100.jpg



e0248566_21182369.jpg


港区西麻布に1952年(昭和27)に建てられた邸宅です。
客間と食堂部分は、1897年(明治30)頃京都に建てられ、戦後港区に移築されたものです。また、蔵は1874年(明治7)の建築当初の土蔵に復元しました。
[港区西麻布三丁目/主屋:1952年(昭和27)土蔵:1874年(明治7)]


前回来た時、あまりに金持ちのニオイがプンプンする(笑)ので好きではなかった三井八郎右衞門邸。
とにかく金色!!
家と言うより仏閣にでも来た様な…
台所も家庭的な場所ではなく、厨房といった作り。
でも、工芸技術がふんだんに使われていて、資料的には素晴らしい住宅である。
撮影不可の仏壇は、圧巻です!!

[PR]
by BRISK_LIFE | 2011-10-05 21:35 | BUILDING

東京江戸たてもの園 前川國男邸

e0248566_11375531.jpg



e0248566_1134391.jpg



e0248566_11345369.jpg



e0248566_11355363.jpg



e0248566_11362418.jpg



e0248566_11365029.jpg



e0248566_1215971.jpg



e0248566_121619.jpg



e0248566_12162371.jpg



e0248566_1138694.jpg



日本の近代建築の発展に貢献した建築家前川國男の自邸として、 品川区上大崎に1942年(昭和17)に建てられた住宅です。
戦時体制下、建築資材の入手が困難な時期に竣工しています。 外観は切妻屋根の和風、内部は吹き抜けの居間を中心に書斎・寝室を配した シンプルな間取りになっています。
[品川区上大崎三丁目/1942年(昭和17)]


昭和17年にこのハイセンスっぷり!!きっと、この家が建った時は近所の人はビックリした事だろうな~

[PR]
by brisk_life | 2011-10-04 11:47 | BUILDING

江戸東京たてもの園 田園調布の家(大川邸)

e0248566_1958685.jpg



9月22日(木)

台風の上陸の翌日。

東京都小金井公園にある江戸東京たてもの園に久々にやって来ました。



e0248566_19581613.jpg



ココに来るのは、何年ぶり?

ブリスク(犬)を飼う前だったような…


小金井公園にはドッグランがあり、ランを利用しなくてもワンコのお散歩をするのには

ちょうどイイ公園なので、いつも犬連れで来てしまう。



でも、たてもの園は残念ながらワンコが入れないので、かなり久々に中に入ります。


e0248566_19582547.jpg



何故、来たかと言うと…

新しい建物が2つ増えた!!と言う情報を入手したからです。



e0248566_19574759.jpg



e0248566_19575510.jpg



カメが日向ぼっこ。



e0248566_19592331.jpg




e0248566_19593192.jpg



只今、ツマグロヒョウモンが大活躍中!!


e0248566_2071926.jpg



外観を撮り忘れたけど、1つ目は

田園調布の家(大川邸)

ここのお家が1番好き。



e0248566_2074749.jpg



アールデコ調の外灯がカワイイ。


e0248566_2092818.jpg



一眼レフを使い始めて初めて来たけど、室内撮影するのには

オリ使いには、かなり厳しい事を発見した日にもなりました(笑)


e0248566_2094870.jpg




e0248566_2010630.jpg




e0248566_1211015.jpg



e0248566_1213544.jpg


台所も、かなりカワイイのだが、上手く撮れませんでした。


e0248566_12122533.jpg


まだ1軒目。

このシリーズ、まだまだつづく…

[PR]
by BRISK_LIFE | 2011-10-03 22:16 | BUILDING