江戸東京たてもの園 三井八郎右衞門邸

e0248566_20532860.jpg



e0248566_20535485.jpg



e0248566_20542457.jpg



e0248566_21101069.jpg



e0248566_21103876.jpg



e0248566_2111328.jpg



e0248566_21112419.jpg



e0248566_21114362.jpg



e0248566_21123695.jpg



e0248566_21131838.jpg



e0248566_2115793.jpg



e0248566_21135472.jpg



e0248566_21149100.jpg



e0248566_21182369.jpg


港区西麻布に1952年(昭和27)に建てられた邸宅です。
客間と食堂部分は、1897年(明治30)頃京都に建てられ、戦後港区に移築されたものです。また、蔵は1874年(明治7)の建築当初の土蔵に復元しました。
[港区西麻布三丁目/主屋:1952年(昭和27)土蔵:1874年(明治7)]


前回来た時、あまりに金持ちのニオイがプンプンする(笑)ので好きではなかった三井八郎右衞門邸。
とにかく金色!!
家と言うより仏閣にでも来た様な…
台所も家庭的な場所ではなく、厨房といった作り。
でも、工芸技術がふんだんに使われていて、資料的には素晴らしい住宅である。
撮影不可の仏壇は、圧巻です!!

[PR]
by BRISK_LIFE | 2011-10-05 21:35 | BUILDING
<< 金木犀 Fragrant olive 東京江戸たてもの園 前川國男邸 >>